店舗で格安航空券を入手したい人もいるかもしれないけど

24時間ネットで格安航空券を購入することができるのは非常に便利だと思われるのですが、人によってはやはり窓口で購入したいと思っている人たちもいることでしょう。

目の前でお金のやり取りをすることによって安心感を入手することができると思っているのならば、手数料が掛かってしまうというのも納得できることなのかもしれませんね。

しかし、航空会社によっては格安航空券はネットのみでの販売ということを決めてしまっているところもあるので、自分が搭乗したい飛行機の種類はチェックしておきましょう。

大手の航空会社のキャンペーンにより値段が下がっていて格安航空券になっているのか、LCCが発売しているチケットを格安航空券と呼んでいるのかで大きな違いがあります。

どちらも同じように思えるかもしれませんが、実際に乗り込む機体は全然別物だということになってきますので、しっかりと確認しておくことが重要になってくるでしょう。

それなりに長時間乗るならば

国内線の飛行機なんてどれもこれも短時間しか搭乗しないでしょう?ということを思っている人もいるかもしれませんが、場所によってはかなり長時間のフライトになります。

たとえば那覇空港から新千歳空港までの距離を飛行するということになったらおよそ4時間は乗りっぱなしとうことになるので、利用者の年齢によっては結構疲れてしまうでしょう。

まだまだ若いという人ならば寝てれば着くかもしれませんが、大手航空会社とLCCでは乗り心地やサービスが全く異なってくるので疲れやすい人なら大手を利用した方がいいかもしれません。

まずはチェックすることは

安い飛行機に乗ったことによって体調を崩してしまったということになってしまったら旅行を楽しむことが難しくなってしまうので、乗り心地は気にしておいた方がいいでしょう。

関連する記事